保育園のイロハを調べてみよう TOP > コンテンツ一覧 > 家庭保育園と通常の保育園の違いとは?

家庭保育園と通常の保育園の違いとは?

待機児童の問題がまだまだ山積みの中、期待されているのが家庭保育園なのです。家庭保育園というのは、保育する人の自宅で保育するスタイルの保育事業となっています。保育事業として認められたのは2010年のことです。児童福祉法上に位置づけられた、れっきとした保育事業なのです。

何歳から預けたらいいのか、という問題よりも、育児休暇が明けてすぐ預けたいのに預け先がないという場合に、この家庭保育園が心強い見方になるのです。実は、児童福祉法上は2010年からということになっていますが、家庭保育園のようなシステムは古くから日本にあるものでした。自治体ごとに創設されていたので、認可保育園の前は一時的に家庭保育園に預けられていた、という記憶のある大人たちも少なくありません。

待機児童の問題は今すぐなんとかしてほしいという切実な問題ですので、保育園と連動してこの家庭保育園が充実意した保育事業として地域に密着していくことが望まれています。家庭保育は通常の子守とは違います。自治体の認定を受けた保育者が家庭保育を担えるのです。保育者の自宅といっても、専用の保育スペースが確保されていますので、小規模の保育園というイメージを抱くと分かりやすいかもしれません。

    必見!お勧めWEBサイト

  • 中検やHSKなどの語学試験対策を池袋で中国語を学べる語学教室をお探しなら、中国政府公認のHSK指定校でもあるので自分のレベルに合った勉強方法にて学習管理が出来ます。また中華料理レシピコースや中国文学などのユニークな授業もあるので語学を楽しみながら学べるのでオススメです。

ページトップへ戻る
Copyright(C) 保育園のイロハを調べてみよう All Rights Reserved.