保育園のイロハを調べてみよう TOP > コンテンツ一覧 > 病児保育や病後児保育ってなに?

病児保育や病後児保育ってなに?

子供というのは、風邪をひきやすかったり熱を出しやすかったり、またおたふくかぜや水疱瘡などの感染病にかかるケースが多いのです。そのため、いつもであれば保育園に預けているけれど、病気になれば預けることも難しくなります。かといって、共働きであればお父さんかお母さんのどちらかが仕事を休んで子供の看病をしなくてはいけなくなります。もちろん、子供のことを優先に考えて有休を使うなどして対応しようとするでしょう。ただ、子供が小さいうちは体調を崩しがちですから、そのたびに休みをとらなければなりません。しかし、休んでばかりはいられないのが仕事です。

なかなか仕事を休めない、病気の子供をどうしよう、病気は回復したけれどまだ数日保育園を休ませる必要がある、そんなときに頼りになるのが病児保育や病後児保育なのです。病気中や病気の回復中である子供を預かってくれる施設なのですが、多くの場合は病院に併設されています。

この制度は乳幼児健康支援一時預かり事業として、施設側は厚生労働省から補助金を受けることができるのです。しかし、健康な子供ではなく病気を患っている子供たちの保育なので、通常の保育と違い一度に何十人も預かることは不可能です。毎年たくさんに利用者で常に満杯状態という問題もあります。病児保育や病後児保育を利用したい方は、お住まいになっている自治体に問い合わせをして、何歳から預かってくれるのか、どの施設が預かり可能なのかを事前に調べておきましょう。

    ページトップへ戻る
    Copyright(C) 保育園のイロハを調べてみよう All Rights Reserved.